43歳 通常フォントより小さい文字の羅列を見た時

スマホは今や生活になくてはならないもの。

 

リビングで、電車の中で、自分の好きな情報にアクセスでき、際限なく豊富な情報を取り込める便利なツールではありますが、離れる時が少ない依存状態を作り出してしまいます。

 

その結果、眼を酷使するあまり、視力の低下や眼精疲労を招くという声が多く上がっています。これが俗に言うスマホ老眼です。

 

スマホが広く使われるようになってから、まだそれほど時間は経過していませんが、今後スマホ老眼の症状はより多くの人が経験することになるでしょう。

 

スマホ老眼の症状を防ぐには、スマホ使用の際に意識して休憩時間を設けること、または情報媒体を本や新聞など別のものに移す時間を設けることが鍵になります。

 

スマホへの依存と目の酷使は、心理的な視野の狭さをも招くことになります。

 

情報の収集に関してスマホだけに頼るのは、手を使った読み書きの能力の衰えを招き、やがて何らかの事情でスマホが使えなくなった時に大きな痛手となりかねませんし、眼精疲労の蓄積で生活の他の場面に支障をきたすことも十分考えられます。

 

意識的に適度な距離を置くことで、心身ともに依存を防ぎたいものです。

 

集中的に酷使した目は、スマホとの接し方を変えること、他の生活習慣にも気を配ることで機能の回復が可能です。

良心的な値段のえんきん

ァンケルの「えんきん」は、眼精疲労の回復に有効な成分をふんだんに含んだ目のためのサプリメントです。

 

スマホの長時間使用に代表される目の酷使により、目のピント調節機能の衰えが若年化している現代人。

 

これは、同じ行動を続けることが同じ姿勢を取り続けることにつながり、その結果同じ筋肉を酷使することに。

 

目や肩に極地的な疲労を生んでしまい機能低下を招いているのです。

 

対策としては、なるべく同じ姿勢、同じ動作をすることを避けることにありますが、意識しても避け切るのは難しいことです。

 

目のかすみや肩こりは不快で困った症状で不安さえ覚えてしまいますが、機能回復を助けるため、外から有効成分を補うことも一つの方法です。

 

「えんきん」には目の機能回復を助ける4つの代表成分が含まれており、症状への効果的なアプローチが期待されます。

 

初回お試しでは1パック1000円と、取り掛かるには十分良心的な値段設定の本商品。

 

目のためにできることをお探しの人には願っても無いアイテムと言えるでしょう。